予防学習

(肝臓・膵臓・胆道)についての予防学

物を言わない臓器たち

肝臓・膵臓・胆道の病気は、自覚症状が少ないという点が問題点としてかかげられています。

自覚症状が現れたときには、状態が悪化している場合も多いのです。

よく「物言わぬ臓器」などといわれていますが、先のような点から由来しているのです。

これらの臓器は、糖の代謝や脂肪の代謝などを担っている「代謝機能」と、有害物質などを解毒して排出する「解毒機能」、更には短銃の生産などという働きがあります。

普段、意識をすることは少ないかと思いますが、わたしたちが健康な生活を過ごして行く上で大きな役割を担っているのです。

早期発見・早期治療が生命の危機にさらされない大きな要素でもあります。

しかしながら、自覚症状が少ないという点で「気がついたら病院へ」というスタンスですと手遅れとなってしまうことも。

ですから、日頃からの定期健診などが重要だと言われているのです。

これらの臓器の症状と言うものについても触れて行きたいと思います。

先ずは「黄疸」です。

よく耳にされる言葉かと思います。

これは、白目部分や皮膚が黄色くなっている状態のことを言うのです。

ビリルビンという物質によって、皮膚や粘膜に沈着し、黄疸の症状が見受けられます。

次に倦怠感や食欲低下・吐き気など。

何となく身体がだるくと動きたくない、食事量がかなり減ってしまったなどとという症状が現れる場合も。

皮膚のかゆみ。

もちろん、皮膚科的な問題である場合もありますが、臓器が原因の場合も考えられるのです。

単純にかゆみだけを併発する場合もありますが、蕁麻疹などが現れる場合もあります。

痛み。

痛みの部位としては、みぞおち辺りから、肋骨の下あたりや背中などに痛みが現れる場合も。

痛みではなく不快感を抱く人もいるようです。

たいていの場合、その「右側」に集中的に症状が現れることが多いようです。

そして脂肪便。

脂肪便とは、便の色が異なってきます。

通常のものですと茶褐色ですよね。
そうではなく、真っ白な便が見受けられることがあるのです。

これを脂肪便といいます。

これらの症状を見受けられることもありますが、症状が進んでいる段階で初めて現れるという場合もあります。

少しでも変調に気がついたら放置せずに直ぐに病院で診断をしてもらうようにしましょう。

また、自覚症状が現れなくても血液検査などから病気が見つかることもあるでしょう。

日頃の食生活などからも病気を予防出来る場合もありますから、健康的な生活というものを意識するのも予防医学的に良いかと思いますよ。

 

〔PR〕 これからの治療を考える

食生活で改善できる症状であればいいのですが、男性特有の悩みである勃起ができない..最近勃たない..と言う悩みは個人ではどうする事もできません。そんな時にオススメするのがオクスリクリニックのレビトラシアリスなどのed治療薬で治すことができます。また最近では女性による性不全などの症状も見られることもあり女性専用のバイアグラ(ラブグラ)も販売しております。

サイトページ一覧

Copyright© 2014 WWW.CHRISTAUCENTRE.COM All Rights Reserved.